≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin
オカルト・民間伝承の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

4月も終わりですねーのコトね 

早いもので4月も終わりですねー
GW絡むと見落としがちですけどw  

さて、4月の旧暦名といえば卯月ですが、その由来といえば、卯の花の咲く月>卯の花月の略という説が一般的ですが、実は逆に、卯月に咲く花だから卯の花という逆説もあるのです。

ただ、卯の花自体は、正式名を空木(うつぎ)といい、別名が卯の花なので、卯月に咲く花説もなかなか信憑性がありますねー

まあ他にも、十二支にちなんで4番目なので卯月とか、田植えをする月なので植え月(うえつき)からっていうのもあるようです。
まあ、昔の伝承ですからね事実を見つけ出すことは難しいですが、空想するにはいい題材かもしれませんw
過去に過去された事実を想像していくのは考古学の大事な入口ですよねw


スポンサーサイト

↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

上巳(じょうし)のお節句ですよのコトね! 

というわけで、今日は上巳の節句こと、桃の節句ですね。

桃というには少し肌寒いですが、皆さんお風邪など召されてはいらっしゃらないでしょうか・・・
私は鼻水ずるずるです、お恥かしい・・・・

さて、上巳というのは、聞き慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、中国伝来の五節句のひとつで、もともとは3月の上旬の日に行われていたことから、上巳と呼ばれているのです。
ちなみに、3/3になったのは、中国の有名な三国時代の魏にこの日に行われるようになったからだそうです。

んで、上巳にはもともと穢れ払いの儀式を行ったことから、日本でもこれをとりいれ、現在でも人形(ひとがた)=雛に自らの穢れを移し、川や海へ流す穢れ払いの風習、流し雛などが残っています。

この流し雛から、雛人形は厄除けの人形、魔よけの人形とされるようになり、公家から庶民に広がった江戸時代に雛まつりは定着したそうです。
ちなみに、この頃、菖蒲の節句が男の子に由来するものとなったこともあって、人形=女の子のモノということになり、雛まつり(桃の節句)は女の子の節句とされるようになりました。

といったところで、我が家の雛人形は、豪華なことの7段飾りだったりして、お内裏様にお雛様、三人官女、五人囃子、右大臣・左大臣(随身[ずいじん])、仕丁[じちょう](三人上戸[さんにんじょうご])、嫁入り道具、牛車にお籠とこれがまた品数も、飾りも多いのです。
ちょっと自慢だったりw

しかし、どういうわけか、この飾り付け、姉・妹はうまいこと抜け出し、ぱぱりんやおばーちゃまと飾ることが多かったです。
赤い毛氈[もうせん]とか出てくるとうきうきするんですけど、お人形にはそれぞれ、刀や冠、手持ちのお道具に楽器といろいろな小道具も多くて、絶妙なバランスで装備させないといけなかったり、タカ●トミーさんのような人形遊びを前提にしてないので、とにかく細かくて難しいのです。

あまりのめんどくささに、娘さんが我が家同様に逃亡しまくる親戚の叔母様は、瞬間接着剤で張り付けてしまったほど・・・・

まあ、それはそれでどうかとは思いますけど、一人で骨組みを組んで(金属製なので結構重いのですよね、これ)、一段一段これまた金属製の板を置いて止めていって、赤い毛氈を敷いて、お内裏様とお雛様のところは、もともと天皇陛下と皇后陛下を模しているので、桐の板があって、その上に畳の台をおくんですが、これに金屏風やら雪洞やらついて・・・
ひとりでやるにはしんどいよね・・・(>_<)

そんなわけで、親御さんが若いうちはなんてことはなくても、娘さんが成人の頃に引き継がせていないと、何年も押し入れになんてことも・・・
そうならないようにうまく継がせるか、手に余るようならご供養してあげるのも大事だと思いますよ。
お人形は特に人の念を宿しやすいですし、泣きますしね・・・

あと、なんといっても、お子様を見守ってくれた大事な存在でもありますから。

あーちなみに、上巳のお節句はもともと穢れ払いのお節句ですから、女の子だけじゃなく、あらゆる人が身を清めるお節句です。
春を迎える前に、身を正されてはいかがですか?w


↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

建国記念の日のことね! 

今日はあいにくな天気の建国記念日でした。

各地で、雨や雪と大変だったようですねー


さて、建国記念の日は、紀元節とよばれた、いわゆる日本が始まった日なワケですが、その由来はというと・・・
日本書紀で伝えられる神武天皇の即位された日が由来です。

昨今では研究の結果、信ぴょう性についてもいろいろささやかれている日本書紀ですが・・・
まあ、あくまで根拠ですからね。

例えばアメリカですと独立記念日とか、より分かりやすい根拠がありますけど、伝承ですからね、意外とピンとこないものです。
というか、実は為政者は変わっていますが、天皇のおわす国であるところの日本国は、開闢以来日本国なのですね。
実は国名も定かではないですけど、大和以降は日本なんじゃないでしょうかね・・・
歴史に詳しい方がいたら教えていただきたいところです。

最後に書くのも不謹慎ですが、大事ないといいですね、天皇陛下。



↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

節分のコトね! 

というわけで、早くも2月!
早くも節分なのですよー

まずポイントなんですが、なぜに「節分」かというと、節をける日で、節分なのです。

ここで、賢い方はお気づきと思いますが、日本には四季がありますね、そして、季節の変わる日はそれぞれ立春、立夏、立秋、立冬と呼ばれます。
ですので、節分は実は年に4回もあるのです。

今現在、豆まきや恵方巻きがある立春の節分は、行事が行われるため、特に「節分」と呼ばれていますが、これは江戸時代ごろからの風習らしいですよ。

ちなみに、豆まきの起源は平安時代の「追儺(ついな)」と呼ばれる鬼払いの儀式が起源で、もともとは宮廷行事でした。

こちらの「陰陽師」でも方相氏など「追儺の儀」について触れていますので、興味がありましたらどうぞ。


さて、豆まきですが、その目的は「豆で鬼や邪気を払う」というものです。
なぜ、豆?かといえば、魔を滅する>魔滅>豆 といういわゆる語呂合わせで、これに寄って1年間の無病息災を祈願する・・・というものです。

ちなみに、中国なんかを見てもわかるとおり、新春すなわち年の始まりは春なので、年初に当たるのですね春の節分は。
このため年頭行事として行われるようになったわけなのですよ。


そうそう、恵方巻きも有名になってきたので触れておくと、こちらは大阪の商人発祥で、商売繁盛を願ったことが起源とされています。
なぜ始めたかっていうのはさらに諸説あるようですけど。

作法に寄れば、その年の吉方位に顔を向けて目を閉じ、願い事を念じながら無言で食べきるという結構シュールな儀式ですよねw
ちなみに、太巻きの中身は七福神にちなんで7種類入れるのが良いようです。

日本って、儀式とか、作法とか、伝統で続けていることが多いですけど、始まりとか、どの神様のお祭りだとか、誰に対するお払いで・・・とかって意外と知られていないんですよね。

そんなわけで、季節行事のたびに、興味を持ってくれる方が増えると嬉しいけどなぁw


↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

鏡開きのコトね! 

えーと、琴音の住んでるあたりは関東なので、松の内は1/7、鏡開きは1/11です。

なので小豆を圧力なべで煮込んでお汁粉を作ってみましたわよw

そうそう、お住まいのによっては15日まで松の内だと思いますが、その場合鏡開きは20日ですね。
どうも、将軍様(家光公)の命日が20日だったので、関東では避けるようになったみたいですねー

そもそも鏡開きは何?ってお思いの方もいらっしゃると思うので、触れておきますと、いわゆるお正月にお供えした鏡餅を下げて、食す行事です。
地方や風習によって、お雑煮だったりお汁粉だったりしますが、お正月にお雑煮とおせちを食べる我が家では、お汁粉を採用しております。

ちなみに鏡餅は、いわゆる三種の神器の一つである八咫の鏡をかたどっているといわれるなど、いわゆる神鏡の代わりとして神前に供えられていたものが名残の様です。
ですので元は円盤状で、現在の巨大な丸餅になったのはのちのことのようです。

とにかくもご利益を受ける大事な行事ですから、皆さんもぜひ酉行ってくださいませ~


↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

してやったりのコトね! 

いやいや、質問されるとネタが増えるのでとても助かりますね!

って、あ、つい本音がw


まあ、そんな心の声は置いておいて、今回質問をいただいたのは「初穂料」と「玉串料」ってなに?
そう違うの?的なことでした。


んで、まあ、一応、神社系は詳しいのでこれは腕をふるってお答えしましょうw
というわけです。
いわゆる「いい質問ですねぇ~」ですねw


さて、前置きはこのあたりにして、早速解説をしてみましょう。

そもそも神社というのは神様をお祭する場所ですから、人間が感謝を示すのは基本的には、収穫できた作物や狩猟で得た獲物、それらを加工したお酒・・・などという恵みを奉納するのが本来のあり方なのです。
まあ、しかしながら、神社で神様をお祀りするという大役を果たす神職は人間ですからね・・・っていうと、俗っぽく聞こえちゃいますけど、いわゆる秋の恵みである初穂(その年に取れた稲穂)に代わってお納めするお金が俗に初穂料と言われるものなのです。

本来神様にお納めする初穂に代わって、お納めするお金。
稲穂の代わりが、初穂料となるわけですね。

神社で授けられるお守りやお札、破魔矢などのお品物、安全祈願・八方除けなどの祈祷・お祓い料などもこの初穂料で納めます。

とすると、玉串料ってなんだろうってことになると思いますが、こちらは儀式の中で「玉串」を用いる場合にその代価としてお納めするもので、玉串そのものの代金となります。
ちなみに、玉串は榊に紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけたもののことです。
榊は場所によっては違う植物の枝の場合もあるようです。
ちなみに、榊はツバキ科の植物なんで、葉が肉厚で翠が濃いのが特徴です。
今年は猛暑のせいか、葉の付き方が悪かったらしいんで、結構各地で困ってるんじゃないでしょうか。
シデの方は、正方形や長方形の神に切れ目を入れて、折り返す飾りのことで、ユウは、木綿のコトじゃなくて、木の皮を漂白した繊維のことです。

エーと、おまけで熨斗袋で、お納めされる場合のことについても触れておきますが、熨斗袋でお納めになる場合の多くは大抵儀式を行う場合だと思いますので、玉串料とするのがいいと思います。
ちなみに、玉串を使う儀式としては以下のようなものが当たりますので、参考までに。

七五三やお宮参りのいわゆる「冠」、「婚」の結婚式、「葬」である新式の場合のお通夜(通夜祭)・お葬式(葬場祭)、祈祷や厄払い。

これ以外は使わないことが多いと思いますので、書くのであれば初穂料でよろしいかと思います。
祝い事の場合間違いがあるとケチがつくという考えもおありだと思うので、気になる方は直接お聞きしてもいいと思います。
現代では知らない方も多いので、別段恥ずかしがることはありませんし、おそらく丁寧に教えてくれると思います。
ただ、どうもそういうのを語り始めると止まらない神職の方もおられるので、そこら辺は運が必要かもしれませんw


↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

大晦日のコトね! 

ぴよぴよ・・・
ちがいました、いよいよ、2010年もおわりですねー
(あまりの忙しさぶりにぴよってました)

いろいろありましたねー、今年も・・・まあ、思い返しても思い出しませんけどw

オリンピックもあったらしいのに、なんだか、中国、韓国、北朝鮮と近隣諸国の話題に埋没しちゃいましたね。
日本は、皆さんがっかりしてるようですが、与党の紆余曲折。

来年はいい年になるといいですねー

ちなみに来年は「辛卯(かのとう)」ですから新たな日々の幕開けですよ。
金の陰、木の陰の組み合わせなので「金克木」で金が木を駆逐していくという相になります。
もともと「辛」には同じ音である「新」という改まる意味合いがあるので、これまでのしがらみが断たれ新たな幕開けとなるわけです。
開かれた未来という運勢が巡って来る年ですから、皆さんも頑張ってよい未来をつかみ取りましょう!

もちろん私も頑張りますよーw



↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

天皇誕生日&冬至のコトね! 

というわけで今上天皇陛下のお誕生日をお祝いする日ですねー
年最後の祝日でもあります。
ちなみに戦前は「天長節」と呼ばれるお祭でした。

さて、今上天皇陛下は、第125代の天皇で、今年で77歳になられるそうです。
ということで、喜寿をお迎えになるんですねー
文字通り、実に喜ばしいことですw


と、と、そういえば、忘れてましたが、昨日は冬至でしたねー。

南瓜を食べたり、柚湯につかったりした方もいらっしゃると思います。
先日も十二支ネタで触れましたけども、当時は変わり目(昼夜の長さが逆転し始める)なので、土行を示す黄色のものを口にしたり、お風呂に浮かべたりするわけです。

ちなみに、冬至に柚湯につかるのは、冬至に湯治を掛けていて、柚は「融通」が利くようにと願を掛けているのです。
さらに、南瓜については、冬至の七種(ななくさ)の一種で、昼の長さがこれから伸びていく冬至の日に運を上げるゲン担ぎの為に食されていたものの名残とも言われています。

イカが冬至の七草でゲソ
南瓜(なんきん・カボチャ)/蓮根(れんこん)/人参(にんじん)/銀杏(ぎんなん)/金柑(きんかん)/寒天(かんてん)/饂飩(うんどん・うどん)

これらは、名前に「ん(うん)」が2個入っているのでおめでたい食べ物(運の上昇につながる食べ物)と考えられてたわけですねー
七とつくと福に繋がるというのは、洋の東西を問わないので非常に面白いところですよねw

まあ逆に、七つの大罪とかもあるので、言いきれないですけどね。
七不思議に、七大天使、七曜・・・あげればきりがないですかね~



↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

今日は十二支のコトね! 

思いのほか評判が良かったうえに、十二支の方も知りたいという意見がありましたので、早速ネタにしてみようかとw

年の変わり目ですからね、予習がてら知っておくのもいいかもしれませんしね~

というわけで、本日の後半戦は、十二支でいきますよーw

▼続きを読む▼
↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

年の瀬ですからのコトね! 

今回は、今後のことも考えて、カテゴリー「オカルト」を「オカルト・民間伝承」に変更しました。

無駄にある知識の貼り付け場所として、活用しようかと思ったのですw

といっても偏りがあるので、はたして世間的に役立つのかっていうと全くな気もしますけどねw

私のように小説書いたり、漫画描いたり、特に、オカルト、伝奇、ホラー、あるいはミステリーなら使いどころがあるかもですね、このジャンルのお話はw

というわけで、今回は年の瀬ということで「干支」について語りましょうかしらw

▼続きを読む▼
↓こっそり参加中ですw
にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレ(ノンアダルト)へblogram投票ボタン

琴音

Author:琴音
琴音のあほな日々をなま暖かい目で見守ってくださると嬉しいです。
ついでに、上の人は骨の髄までおっさんですが、紳士を目指しているので、表面上は害はないと思います。
でも、たまにタガが外れて壊れます。
\(゜ロ゜)/

2010.04.16 ブログ開設

Mail
kotone_y_mail@yahoo.co.jp

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。